• ホーム
  • まとめサイト速報+
  • 2chまとめサイトのまとめ
  • 2ちゃんねるmm
  • 5chまとめのまとめ
  • コンタクト
  • アバウト
  • Twitter
  • RSS

    自動車

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet
    1: 2019/08/21(水) 15:40:28.15 ID:CAP_USER

    no title

    ランボルギー二は、先週カリフォルニアで開催されたイベント「モントレーカーウィーク」において、「アヴェンタドールSVJ63ロードスター」と「ウラカン・エボGTセレブレーション」という特別な限定モデルを発表した。

    □内外装の仕様はランボルギーニ・チェントロ・スティーレとアドペルソナムが共同で開発
     アヴェンタドールSVJ63ロードスターは、2019年3月のジュネーブ・モーターショーで披露されたはハイパフォーマンスモデル「アヴェンタドールSVJロードスター」の限定版。6.5LのV型12気筒エンジンはベースモデルと同様に770psと720Nmを発揮し、0-100km/hを2.9秒、0-200km/hを8.8秒でこなす性能が与えられている。最高速は350km/h以上をマークする。
    no title


     ちなみに、SVJおよび限定車SVJ63は、昨年クーペで登場しており、このたびSVJロードスターにもSVJ63が設定されたかたちだ。なお、車名に添える「63」とは、ランボルギーニの創立年である1963年にちなんでつけられ、63台のみが限定生産される。
    no title

    no title


     このモデルはランボルギーニのチェントロ・スティーレ(スタイルセンター)と、同社のカスタマイズ部門であるアドペルソナムとの共同開発によって生み出された。エクステリアでは、ルーフやエンジンカバー、エンジンエアベント、ドアミラーなどにはカーボンファイバーが採用されたほか、マットチタニウムの鍛造ホイールや、シリアルナンバープレートを装着。インテリアはアルカンターラ張りで、シートなどにはコントラストステッチが施され、特別な雰囲気を発散する。
    no title


     インテリアでもカーボンファイバーパーツを採用。ステアリングホイールやリヤのバルクヘッドには、特別限定モデルであることを主張する「63」が表示される。
    no title


     世界でわずか63台のみが限定で販売されるこのアヴェンタドールSVJ63ロードスター、発表と同時に完売したことが報じられている。カスタマーへのデリバリーは2020年中とのことだ。
    no title


    >>2 に続く

    2019/08/21
    MotorFan[モーターファン]
    https://motor-fan.jp/article/10011091


    【ランボルギーニが特別な「アヴェンタドール」と「ウラカン」を発表! 販売台数はそれぞれ63台と36台に限定】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet
    1: 2019/08/21(水) 20:13:26.90 ID:CAP_USER

    ソニーは、イメージセンサーとディスプレイを搭載した窓のないクルマ「New Concept Cart SC-1」をヤマハ発動機と共同開発し、年内にサービスを開始すると発表した。ソニーが2017年に試作機を完成させたモデルを基に、乗車可能人数を3人から5人に拡張するといったブラッシュアップを行った。

     試作機と同様、カメラでとらえた360度の映像をディスプレイに映して周囲を把握でき、乗員は夜間でもヘッドライトなしに視認できる他、遠隔操作にも対応している。ゴルフ場やアミューズメント施設などへのサービス展開を想定しているが、車両としての一般販売を行う予定はない。

    長さ約3メートル、幅約1.3メートルの四角いカートで、最高時速は19キロ。

     35ミリフルサイズの「Exmor CMOSセンサー」を車両周囲4方向と車内の計5台搭載した他、1/3.8型CMOSイメージセンサー「ISX019」内蔵カメラを2台搭載した。人が視認しながら運転する一般的な自動車と違い、360度全ての方向にフォーカスが合った映像で周囲の環境を把握できるという。

     窓の代わりにディスプレイを設置した。車内には49インチの4K液晶を1台、車外には55インチの4K液晶を4台備えている。ソニーが開発した融合現実感(Mixed Reality)技術も採用。乗員がディスプレイで見る周囲の映像にCGを重ねることで、「車窓がエンタテインメント空間に変貌し、移動自体をより楽しめるようになる」としている。

     車外のディスプレイを使い、車両の周囲にいる人に、広告や映像を映し出すことも可能。イメージセンサーがとらえた映像を人工知能で解析し、車両周囲にいる人の性別・年齢などに応じて最適な広告や情報を表示することもできる。

     超音波センサーと2次元ライダー(LIDAR:レーザー画像検出と測距)も搭載。ネットワークで接続したクラウドに蓄積した走行情報をディープラーニングで解析することで、運行をアシストするとともに、車両に備えた複数のセンサーからの情報をエッジコンピューティングで判断し、安全な走行をサポートするという。
    no title

    https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1908/21/news097.html


    【窓の代わりにディスプレイ ソニーのクルマ、実用化へ ヤマハ発と共同開発】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet
    ポロ

    1: 2019/08/21(水) 18:30:40.88 ID:dpBkwA210 BE:468394346-PLT(15000)

    独フォルクスワーゲン(VW)の日本法人は21日、走行できなくなる恐れがあるなどとして、
    普通乗用車「ポロ 1.2/77kW」など30車種計17万6068台(2008年4月~16年3月輸入)の
    リコール(回収・無償修理)を国土交通省に届け出た。

     
     国交省によると、変速機の部品で耐久性が不足しており、高い油圧をかけると亀裂が入り、
    油圧オイルが漏れることがある。その結果、変速できなくなり、走行が不可能になる
    恐れがあるという。不具合はこれまで1648件確認されている。 

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190821-00000057-jij-soci


    【独VW、17万台リコール=変速機部品で耐久性不足】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

    1: 2019/08/20(火) 14:38:32.80 ID:CAP_USER

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    ポルシェ・タイカン のプロトタイプ

    ポルシェは8月15日、初の量産EVスポーツカー、『タイカン』(Porsche Taycan)の最新プロトタイプ車による走行テスト映像を公開した。また、ワールドプレミアを9月4日と発表している。

    タイカンは4ドア、4セパレートシートを備えたEVスポーツカーだ。パワートレインには、最大出力600ps以上の永久磁石シンクロナスモーター(PSM)を2基搭載する。0~100km/h加速は3.5秒以下で駆け抜け、0~200km/h加速も12秒以下の性能を発揮する。

    1回の充電での航続は、500km以上(NEDC:新欧州サイクル)に到達する。また、最新の急速充電システムに対応しており、ポルシェによると、4分間の充電で100kmの走行が可能という。

    また、このパフォーマンスに、EVでは前例のない連続的な出力レベルも付加したことにより、性能を損なうことなく幾度ものゼロ発進を連続して行うことができる。今回の走行テストは、これを確認する目的で行われた。

    走行テストは、全長2.3kmのドイツ・ラール空港の誘導路。もともと、軍の飛行場だったが、現在は貨物機用の空港として稼働している。テストの内容は、タイカンの最新プロトタイプ車が、0~200km/h加速を26回繰り返すというものだ。ポルシェによると、平均加速タイムは10秒以下で、最も速いタイムと遅いタイムの差は0.8秒だったという。
    The new electric Porsche Taycan proves its repeatability of power before upcoming World Premiere - YouTube
    https://www.youtube.com/watch?v=vBi62XXfXHU



    2019年8月20日(火)06時30分
    レスポンス(Response.jp)
    https://response.jp/article/2019/08/20/325552.html


    【ポルシェのEV『タイカン』、9月4日デビューが決定…連続26回の0‐200km/h加速に挑む】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet
    l

    1: 2019/08/19(月) 23:14:42.80 ID:rrtUyCkN9

    https://kuruma-news.jp/post/167957

    トヨタに異変!? 人気だったC-HRやクラウンが大幅に販売台数を落としている理由とは
    2019.08.19 渡辺陽一郎

    発表直後に大人気となったトヨタ「C-HR」と「クラウン」

     2019年1月から7月までの販売統計を見ると、日本で販売されたクルマの30%がトヨタ車でした。登録車(小型/普通車)に限ると、トヨタの比率は45%に高まります。

     いまは、新車として売られるクルマの37%が軽自動車なので、国内市場全体で捉えるか、登録車に限るかにより、トヨタ比率も大幅に変わります。それにしても、登録車の半数近くがトヨタ車になるとは、相当な人気ぶりです。

     ただし、トヨタ車のすべてが好調に売れているわけではありません。車種によっては大幅に販売台数を下げています。それは、登場時に注目を集めた「C-HR」と、伝統的な主力商品「クラウン」です。

     C-HRは、2016年12月に発売されました。発売から1か月後の2017年1月にトヨタは、「C-HRの1か月後の受注が4万8000台に達した」と発表しています。1か月の販売目標は6000台なので、目標台数の8倍に相当する受注を得ました。
    (リンク先に続きあり)


    【【トヨタに異変!?】人気だったC-HRやクラウンが大幅に販売台数を落としている理由とは】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet
    「最古のポルシェ」売れず

    1: 2019/08/19(月) 07:30:17.14 ID:FK110L169

    【ニューヨーク共同】ドイツの高級スポーツカーメーカー、ポルシェの名前が車体に記された最も古いモデルが米西部カリフォルニア州モントレーで17日に競売に掛けられたが、売買の合意に至らなかった。米メディアが18日、伝えた。

    競売では最高1700万ドル(約18億円)の申し出があったが、CNN電子版は、事前に定められた最低価格に届かなかったもようだと伝えた。競売を実施した大手サザビーズは落札価格を2千万ドルと予想していた。

    この車はナチス・ドイツの1939~40年に3台だけ製造された「タイプ64」。

    共同通信
    https://this.kiji.is/535948009337193569?c=39550187727945729


    【【オークション】「最古のポルシェ」売れず 米競売、最低価格に届かず?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet
    高速でフェラーリ爆走

    1: 2019/08/19(月) 03:25:24.957 ID:ZnMVmc+c0

    爆走させながらSA入ったから追跡してドライバー呼び止めて「おい爆走するならサーキットでやれ!危ないだろ?」って注意したら逆ギレされたわ

    こういうスピード狂は免許取りあげるべきだろ


    【高速でフェラーリ爆走させてる馬鹿がいたから注意したらキレられたwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet
    mm

    1: 2019/08/17(土) 18:37:04.52 ID:3MpVoB3K0 BE:323057825-PLT(12000)

    Google自動翻訳

    インド出身の18歳の男性が、誕生日にドイツ車を受け取った後、真新しいBMWを川に押し込んだと伝えられています。

    ニュースアウトレットNDTVによると、この若者は両親から白いBMW 3-Seriesを誕生日に渡されましたが、望んでいた車ではありませんでした。
    その代わりに、男性は両親にジャガーをプレゼントするよう要求し、明らかにドイツの選択肢は彼の好みではなかった。

    インドでオンラインで共有された映像は、BMWが川の水面下にゆっくりと沈んでいく様子を示していますが、
    若者が車両を破壊するための最善の努力にもかかわらず、川の小さな島に流れ込んだ後に明らかに再浮上しました。
    地元の人々は急いでBMWを救おうとしたが、成功したかどうかはまだ分からない。

    「アカシュは彼を買わなかったことで父親に不満だった。(a)ジャガー」と警察は声明で述べた。
    「彼は(高級車)BMWを故意に川に押し込みました。」

    ある地元の村人によると、人々は誰かが中にいたのではないかという恐れから3シリーズが弱まるのを防ごうとしましたが、幸いなことに車は空でした。

    Teen Pushes Birthday Gift BMW Into River Because He Wanted A Jaguar
    https://www.carscoops.com/2019/08/teen-pushes-birthday-gift-bmw-into-river-because-he-wanted-a-jaguar/
    https://www.youtube.com/watch?v=7AZGS36l2Lo



    【「BMWなんてダサくて乗れねーよ!」19歳少年、親から貰ったBMW車を川に沈没させるwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet
    ダイハツ・トール

    1: 2019/08/15(木) 15:36:37.00 ID:T5nJB2kCd

    ダイハツ・トール
    敵「ダイハツの普通車w」
    敵「オリンピックナンバーかな?」
    敵「エンブレムがくさそう」
    トヨタ・タンク(中身はトール)
    敵「トヨタだから安心」
    敵「トヨタの小型車も悪くない」
    敵「信頼のトヨタ」

    ダイハツコペンローブ
    敵「顔が輸入車みたいで気持ち悪い」
    敵「イキリデザイン」
    敵「エンブレムがくさそう」
    トヨタコペンGR(ダイハツ製品)
    敵「ぜったいに楽しい」
    敵「フェイスがかっこいい」
    敵「買う」


    【ワイダイハツ社員、怒りに震える】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet
    DDR

    1: 2019/08/11(日) 21:44:55.95 ID:pvp28dFIa

     リクルートキャリアが就活情報サイト「リクナビ」を使った就活生の内定辞退率の予測データを販売していた問題で、自動車大手のトヨタ自動車とホンダが購入していたことが分かった。
    ともに合否判定には使っていないとしているが、個人情報の扱いが適切だったか議論を呼びそうだ。

     トヨタは朝日新聞の取材に対し、利用目的は「辞退者を減らすため」だったとし、就活生と「実際に会って会話する中で、適性や入社意思を確認することが最も大切と考えている」と説明。
    個人情報の取り扱いについては「事実関係を調査のうえ、今後の対応を適切に検討する」とした。

     ホンダは2018年9月からサービスを利用していたとし、「データを人事に活用するためのトライアルとして使った」と説明した。
    個人情報は「適切な取り扱いをしていた」とする一方、「学生に不安感や不信感を抱かせたことは真摯(しんし)に受け止める」としている。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190811-00000047-asahi-bus_all


    【【悲報】リクナビの就活生の内定辞退予測データ、トヨタとホンダが購入していたwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

    1: 2019/08/15(木) 22:02:32.08 ID:CAP_USER

    2019年08月15日 19時30分 公開
    「私にいい考えがある」父が愛車のエンブレムを失くした→ 応急処置が斜め上すぎる
    これは成功……ということでいいんでしょうか。
    [大泉勝彦,ねとらぼ]

     クルマのフロントにあるはずのエンブレムが無い! どうにかしなければ……という時に役立ちそうな良案がTwitterで話題になっています。どこかから「私にいい考えがある」と聞こえてきそうです。


    no title

    エンブレムが無くなってしまった父の愛車――「私にいい考えがある」


     話題になっているアイデアは、Twitterユーザーのスグル(@kingsuguru96)さんによるもの。お父さんが大切な愛車のエンブレムを失くしたということで、応急処置を施してあげたそうです。

     応急処置で元通り……と思いきや、取り付けられたエンブレムはロボットアニメ「トランスフォーマー」に登場する正義の組織「サイバトロン(オートボット)」のシンボルマーク。今にも人型に“トランスフォーム”しそうな見た目になっちゃました。


    no title

    あれ、意外とかっこいいかも?


     Twitterの投稿には「確信犯」「変形しそう」「デストロンじゃなくてよかった」といったコメントが寄せられていました。

     ちなみにお父さんは「高級外車のエンブレムと勘違いして大喜び」していたそうです。ふふふ。

    https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1908/15/news083.html
    (大泉勝彦)


    【【良案】「私にいい考えがある」父が愛車のエンブレムを失くした→ 応急処置が斜め上すぎる】の続きを読む

    このページのトップヘ

    www.booker.in.ua

    progressive.ua

    https://protege.kiev.ua